Sitemap

クイックナビゲーション

クエリ コマンド 選択する データを取得するための基本的なクエリ ビルディング ブロック。 選択する * SELECT で * を使用すると、すべての列が返されます。 選択列 名前で正確な列を指定します。 SELECT テーブル.列 特定のテーブルから列を参照します。 から データを検索する場所を指定します。 なので テーブル名または列を一時的に新しい名前にエイリアスします。 どこ 条件で結果をフィルタリングします。 と WHERE 句で複数の条件を使用します。結果はすべての条件に一致する必要があります。 また WHERE 句で複数の条件を使用します。結果は 1 つの条件に一致する必要があります。 オーダーバイ 結果を列で並べ替えます。データベースが注文方法を選択します。 ORDER BY 列 ASC 結果を列ごとに昇順に並べ替えます。 ORDER BY 列 DESC 結果を列ごとに降順に並べ替えます。 リミット 返される結果の数を制限します。 オフセット 最初の OFFSET 行数をスキップします。多くの場合、LIMIT と共に使用されます。 サブクエリ クエリを実行して、別のクエリのデータを取得します。 集計関数¹ カウント クエリに一致する行数をカウントします。 最大 数値列の最大値を返します。 最小 数値列の最小値を返します。 和 数値列の値を合計します。 平均 数値列の平均値を計算します。 持っている WHERE 句の代わりに集計関数で使用されます。 グループ化 集計結果を絞り込むために使用されます。 オペレーター お気に入り ワイルドカード演算子 (%) を使用したパターンの大文字と小文字を区別する検索。 好き ワイルドカード演算子 (%) を使用したパターンの大文字と小文字を区別しない検索。 の間に 2 つの値の間の値を検索します。日付または数字で動作します。 > 条件より大きい値を検索します。 >= 条件以上の値を検索します。 条件より小さい値を検索します。 = 条件以下の値を検索します。 = 条件に正確に一致する値を検索します。 > 条件に等しくない値を検索します。 連合 2 つの一意のクエリ (同じ列を持つ) を 1 つの結果に結合します。 ユニオンオール 2 つのクエリ (同じ列を持つ) を 1 つの結果に結合します。重複は許可されています。 の WHERE の省略形。複数の OR 条件を指定します。 ありませんで WHERE の省略形。複数の OR 条件 (反転) または not equal to を指定します。 無効です 空の値を確認します。 NULL ではありません 空の値がないことを確認してください。 交わる 2 つのクエリに一致する結果を返します。 マイナス 別のクエリにない結果を 1 つのクエリで返します。¹ ジョイン オン 結果を比較して照合する列を指定するために使用されます。 使用中 ON の省略形。列名が両方のテーブルで同じ場合に使用されます。 左外部結合 左側のテーブルからのすべての結果と、右側のテーブルからの一致する結果のみ。 左外部結合 (NULL あり) (null あり) 左側のテーブルからのすべての結果で、右側のテーブルにはありません。 内部結合 左表と右表の両方で一致するすべての結果。 フルアウタージョイン 左右の表のすべての結果。 完全外部結合 (NULL あり) (null の場合) 両方のテーブルの結果を除く、左右のテーブルの両方からのすべての結果。 右外部結合 右側のテーブルのすべての結果と、左側のテーブルの一致する結果のみ。 右外部結合 (NULL あり) (null あり) 右側のテーブルからのすべての結果で、左側のテーブルにはありません。 テーブルの作成と編集 テーブルを作成 新しいテーブルを作成します。 ヌル このフィールドには空の値を許可します。 ヌルではない このフィールドに空の値を許可しないでください。 デフォルト 値が指定されていない場合にフィールドに入力する値。 なので 既存のテーブルの構造に基づいて新しいテーブルを作成します。新しいテーブルには、古いテーブルのデータが含まれます。 ALTER TABLE (列の追加) 既存のテーブルに新しい列を追加します。 ALTER TABLE (DROP COLUMN) 既存のテーブルから列を削除します。 ALTER TABLE (ALTER COLUMN) 既存の列のデータ型を変更します。 ALTER TABLE (列の名前変更) 既存の列の名前を変更します。 ALTER TABLE (テーブルの名前変更) 既存のテーブルの名前を変更します。 ALTER TABLE (MODIFY NULL) 列に null 値を許可します。 ALTER TABLE (MODIFY NOT NULL) 列の null 値を防止します。 ドロップテーブル テーブルとそのすべてのデータを削除します。 テーブルの切り捨て テーブル内のすべてのデータを削除しますが、テーブル自体は削除しません。 制約 主キー テーブル内のレコードを一意に識別する値。NOT NULL と UNIQUE の組み合わせ。 外部キー 別のテーブルの一意の値を参照します。多くの場合、他のテーブルの主キー。 個性的 テーブルごとにこの列に一意の値を適用します。 小切手 値が特定の条件を満たすことを確認します。 インデックス (作成) 列にインデックスを追加することで、テーブルを最適化し、クエリを大幅に高速化します。 インデックス (一意の作成) 値の重複を許可しないインデックスを作成します。 インデックス (ドロップ) インデックスを削除します。 データの作成と編集 挿入 (単一値) テーブルに新しいレコードを追加します。 挿入 (複数の値) テーブルにいくつかの新しいレコードを追加します。 挿入 (選択) テーブルにレコードを追加しますが、既存のテーブルから値を取得します。 更新 (すべて) テーブル内の既存のすべてのレコードを変更します。 更新 (WHERE) 条件に一致するテーブル内の既存のレコードを変更します。 すべて削除) テーブルからすべてのレコードを削除します。 削除 (どこで) 条件に一致するテーブルからレコードを削除します。 トリガーの作成と編集¹ トリガーを作成 トリガーを作成します。 トリガーの作成 (または変更) トリガーを作成するか、同じ名前のトリガーが見つかった場合は既存のトリガーを更新します。 いつ(前に) イベントが発生する前にトリガーを実行します。 いつ(後) イベントが発生した後にトリガーを実行します。 イベント(挿入) 挿入が発生する前または後にトリガーを実行します。 イベント(更新) 更新が発生する前または後にトリガーを実行します。 イベント(削除) 削除が発生する前または後にトリガーを実行します。 オン このトリガーで対象とするテーブル。 TRIGGER_TYPE (FOR EACH ROW) 変更された行ごとにトリガーを実行します。 TRIGGER_TYPE (FOR EACH ステートメント) 変更された行数に関係なく、SQL ステートメントごとに 1 回トリガーを実行します。 実行する メイン トリガー定義の終了を示すキーワード。 ドロップトリガー トリガーを削除します。 ビューの作成と編集 ビューを作成 新しいビューを作成します。 なので ビューのデータを取得する場所を定義します。 カスケードチェックオプション付き ビューを介して変更されたすべてのデータが、ルールによって定義されたルールを満たしていることを確認してください。これを他のビューに適用します。 ローカルチェックオプション付き ビューを介して変更されたすべてのデータが、ルールによって定義されたルールを満たしていることを確認してください。他のビューではこれを無視してください。 再帰ビューの作成 再帰ビュー (再帰共通テーブル式を参照するビュー) を作成します。 一時的なビューを作成 現在のセッションのみに存在するビューを作成します。 ドロップビュー ビューを削除します。 共通テーブル式 (CTE)¹ と 新しい共通テーブル式を作成します。 なので CTE で使用するデータを指定します。 、 (コンマ) 複数の CTE をチェーンします。 ¹データベース エンジンの実装とサポートは、しばしば異なります。
すべてのカテゴリ: バグフィックス情報